相続なら横浜・東京で相続専門の当オフィスへ!
  1. HOME
  2. 抵当権抹消
  3. Q.相続登記をしないと抵当権抹消できませんか?

Q.相続登記をしないと抵当権抹消できませんか?

よくある質問

A.前提として相続登記(不動産の名義変更)が必要です。

よくお客様よりご質問いただく内容です。

答えを言ってしまうと相続登記が必要となります。
亡くなった方から抵当権抹消の委任状を書いてもらうわけにはいきませんので一旦相続人へ名義を移してから抵当権抹消登記をする必要があります。

①相続登記(不動産の名義変更)により相続人へ名義を変更する。
②その後、名義変更をした相続人の方に委任状を書いてもらい抵当権抹消の登記申請を行う。

この2段階の登記が必要となります。
通常は司法書士が同時申請により連件で登記申請しますので1回の申請で完了させることができます。

典型例、団体信用生命保険によって住宅ローンを完済したケース

最も多いケースとしては、不動産の所有者が亡くなり団体信用生命保険によって住宅ローンを完済するケースです。

この場合は当然、不動産の所有者が亡くなっておりますので、相続登記と抵当権抹消の二つの登記が必要となります。

団体信用生命保険による抵当権抹消について

相続発生時に連動して団体信用生命保険の適用によって、抵当権抹消が必要になる場合がございます。登記についてはグループの司法書士よしだ法務事務所が対応しますので、相続のことを含めて、まずは下記連絡先までお気軽にお問い合わせください。
相続不動産の名義変更についてはこちら

相続した不動産の売却を検討されている方はこちら
ご相談無料!まずはお客様の最寄りのオフィスへ
お気軽にお問い合わせください!
※電話番号をクリックすればそのままお電話がかけられます。
行政書士法人よしだ法務事務所
当事務所の画像
代表者のご紹介

司法書士・行政書士 吉田隼哉

当事務所アクセス

【横浜オフィス】    横浜駅西口より徒歩5分

〒220-0004
横浜市西区北幸2-10-36KDX横浜西口ビル1階
TEL 045-594-7077 FAX 045-594-7078

【東京オフィス】   上野駅入谷口より徒歩3分

〒110-0015
東京都台東区東上野4-16-1横田ビル1階
TEL 03-5830-3458 FAX 03-5830-3459