本文へスキップ

横浜・東京で相続・遺言なら相続専門の当サポートオフィスへお任せ下さい!相続手続き・預貯金の相続・遺産分割・相続不動産の売却換価など、お気軽にご相談ください!

TEL 045-594-7077(横浜)
TEL
03-5830-3458(上野)

HOME ≫ 抵当権抹消 ≫ 団体信用生命保険について

団体信用生命保険について死亡等による住宅ローンの完済

団体信用生命保険とは

団体信用生命保険(「団信」と呼ばれるものです)は、住宅ローンの返済期間中に債務者が死亡(契約内容によっては高度障害も適用される)になった場合に、生命保険会社が本人に代わり住宅ローンの残金に相当する金額を金融機関に支払い、住宅ローンが完済となる制度のことです。

住宅ローンを組む際に団体信用生命保険への加入が義務付けられていることが多く、通常は住宅ローンを組むのと同時に団体信用生命保険の加入を行います。

団体信用生命保険によって住宅ローンを完済した場合

住宅ローンを組んで家を購入する際に、金融機関は当該物件に対して抵当権という担保権を設定します。
団体信用生命保険によって一括完済となれば、その抵当権を抹消することになりますが、自動的に抵当権が消えることはありませんので、抵当権抹消登記を申請することによって抹消することになります。

抵当権抹消に期限は存在するのか

住宅ローンを完済してからいつまでに抵当権抹消をしなければいけないという期限は存在しません。自分の好きなタイミングで抵当権抹消登記を申請すれば問題ありません。
ただし、将来不動産を売却しようと考えた場合に、抵当権が付いたままでは一般的に売却することはできません。時間が経てば、金融機関から受け取った書類を紛失してしまう可能性がありますので、なるべく早い段階で抵当権を抹消した方がいいでしょう。



 

バナースペース






当事務所のアクセス

【横浜オフィス】     横浜駅西口


〒220-0004 
神奈川県横浜市西区北幸2−10−36
KDX横浜西口ビル1階
行政書士法人よしだ法務事務所 横浜オフィス
TEL:045−594−7077  
   
【東京オフィス】   上野駅入谷口

〒110-0015 
東京都台東区東上野4−16−1
横田ビル1階
行政書士法人よしだ法務事務所 東京オフィス
TEL:03−5830−3458
  
   東京オフィス代表 松浦祐大



【当事務所代表のプロフィール】
  
   司法書士・行政書士 吉田隼哉
・行政書士法人よしだ法務事務所代表
・司法書士よしだ法務事務所代表
・NPO法人よこはま相続センターみつば元代表理事
【保有国家資格】
司法書士、簡易訴訟代理権認定、行政書士、ファイナンシャルプランナー、宅建士、他多数
代表司法書士・行政書士吉田隼哉のご紹介
専門分野(遺産相続・換価分割)について


【当事務所を画像で紹介】
ビルの正面入口は緑豊かで明るく、フラットになっています。


当事務所のエントランス


相続のことなら、相続手続きを専門とする当事務所へご相談ください!