本文へスキップ

横浜・東京で相続・遺言なら司法書士・行政書士法人よしだ法務事務所へお任せ下さい!相続登記・相続放棄・預貯金の相続・相続不動産の売却換価など、お気軽にご相談ください。

TEL 045-594-7077(横浜)
TEL
03-5830-3458(上野)

HOME ≫ 抵当権抹消

抵当権抹消(神奈川県在住の方の限定サービス)担保権抹消業務

抵当権抹消の割引対象地域
神奈川県全域(横浜市西区 青葉区 旭区 泉区 磯子区 神奈川区 金沢区 港南区 港北区 栄区 瀬谷区 都筑区 鶴見区 戸塚区 中区 保土ケ谷区 緑区 南区 □川崎市内 麻生区 川崎区 幸区 高津区 多摩区 中原区 宮前区 □神奈川その他 厚木市 綾瀬市 伊勢原市 海老名市 小田原市 鎌倉市 相模原市 座間市 逗子市 茅ヶ崎市 秦野市 平塚市 藤沢市 三浦市 大和市)

抵当権抹消・担保権の抹消(住宅ローンの完済)※神奈川県限定

通常は不動産購入の際に住宅ローンの借り入れを行い、土地や建物(又はマンション)に担保として、お借り入れ先の金融機関などの抵当権(担保権)が設定されます。
つまり、抵当権(担保権)は住宅ローンとともに存在するものであり、住宅ローンを完済した場合は不要で意味のないものなのです。
よって、住宅ローンを完済した場合には不必要な抵当権(担保権)を抹消しなければいけないのです。
しかし、抵当権(担保権)は住宅ローンを全額返済したとしても自動的には消えるものではありません。
住宅ローンを全額を返済したからといって、法務局が自動的に抵当権を抹消してくれることはありませんし、住宅ローンの借り入れ先金融機関が気を利かせて抵当権抹消(担保権抹消)してくれることものでもありません。
抵当権抹消(担保権抹消)は、不動産の所有者が積極的に手続きをしなければならないものなのです。
普通は抵当権抹消(担保権抹消)の手続きなんてしたことなんてありませんから、多くの方は金融機関から紹介してもらった司法書士に手続き一切を任せることになると思います。抵当権抹消の費用としては司法書士報酬として1〜2万円が一般的かと思いますが、当事務所は
横浜オフィスへ平日ご来所いただける方のみ限定で3990円でお受けいたします。
できるだけ安く抵当権抹消(担保権抹消)の手続きを済ませたいのであれば是非とも当事務所をお選びいただきたいと思います。
なお、当事務所では神奈川県内ではどこよりも報酬が安いため毎日のようにご依頼をいただいております。お手数ですが、できる限り抵当権抹消用の問い合わせフォームをご利用いただきますようお願い申し上げます。
また、抵当権抹消手続きの流れや費用等についてお電話でのご質問を大変多くお受けしますが、問い合わせフォームにメールアドレス付で送信していただけますと、概算費用やお手続きの流れが自動返信されるようになっておりますので、まずはお問い合わせフォームのご利用をお願い致します。

※注意1
住宅金融公庫は独立行政法人住宅金融支援機構に変更されたため、抵当権者が住宅金融公庫の場合は、合併による抵当権移転登記が必要となります。単純な抵当権抹消よりも複雑な登記が必要となります。住宅金融公庫が抵当権者の場合は登記専門職の司法書士に依頼することをオススメいたします。
こちらが住宅金融支援機構とホームページとなりますのでご確認下さい。
住宅金融支援機構:ご融資金を完済されたときは

※注意2
この抵当権抹消のご依頼は事前に完済をして抹消書類を当事務所まで持参できる方に限ります。不動産売買(残金決済)に附随して、抵当権抹消をされる方は対象外です。

【 抵当権抹消 ( 住宅ローン完済 ) 】
【料金】  1物件につき    3,990円〜

料金の詳細はこちらをご参照ください。⇒ 当事務所の抵当権抹消報酬規定表
ご依頼の前に必ず一読してください。 ⇒ 抵当権抹消ご依頼までの流れと注意点
横浜オフィスへ平日ご来所いただける方のみの限定価格となっております。
全国的に見ても最安値であると自負しております。
 ※ご来所することが難しい場合、通常価格でお引き受けします。
安さの理由は、事務所の存在を地域の皆様に知っていただきたいということです。少しでも司法書士の存在を身近に感じて頂ければ幸いです。

お手続きは下記の書類が必要となりますのでご確認ください。

〈抵当権抹消に必要な書類〉
書類 備考
抵当権解除証書
(弁済証書、放棄証書、登記原因証明情報) 等
金融機関によって名前が異なります。
登記済証または
登記識別情報通知
登記済証…「登記済」という赤い法務局のハンコが押された書類です。
登記識別情報…目隠しシールが貼られた緑色の書類です。
金融機関の委任状
金融機関の資格証明書
(3ヶ月以内のもの)
金融機関の商号本店や代表取締役の名前が書かれた緑色の書類です。(代表者事項証明書・履歴事項証明書など)
※平成27年11月より本書類は登記の際に添付が不要になり、代わりに会社法人等番号を記載すればよくなりました。
不動産の所有者の委任状 委任状はこちらがご用意します。共有の場合(夫婦や親子など)は、事務所に来ていただいた方のみの署名捺印だけで問題ありません。(事前にプリントアウトして事務所に来ない他の共有者からあえて署名捺印をもらう必要はありません)
こちらから指示があった場合に限り、下記委任状をご利用ください。
・委任状ダウンロード[PDF]
・委任状の記載例
登録免許税 不動産1個につき、1000円
(土地と建物で不動産2個と計算します。)
※金融機関に合併があった場合など、必要書類が変わる場合がございます。


〈本人申請と当事務所に依頼した場合の料金比較〉
項目 自分で申請 当事務所に依頼
報酬 0円 3990円
登録免許税
(1000円×不動産の個数)
2000円 2000円
登記簿謄本
(申請前2通+申請後2通)
2400円
(1通600円)
1340円
(ネット謄本)
法務局への登記申請 500円 0円
(オンライン申請)
郵送代等の実費 管轄法務局による 管轄法務局による
合計 4900円〜 7330円〜
※一般的な土地と建物のケースで、住所変更・相続登記無しの場合。
※本人申請は郵送申請で計算。

自分で申請する場合と当事務所に依頼した場合を比べると、単純に2400円ほど余分にかかってしまいます。もしそれでもご依頼頂けるなら下記の専用フォームからご依頼ください。なお、あくまでこちらの価格は最もシンプルな抵当権抹消のケースとなっております。不動産の個数が増えればその分で謄本の取得通数などが増えますし抵当権が2つ以上ついている場合では当然費用は変わってきますのでご注意ください。金額の詳細については必ず事前に報酬規定表をご参照ください。

※抵当権抹消をご検討しているお客様へお願い
当事務所は抵当権抹消だけでかなりの数のご依頼をいただいております。事務簡略化のうえ金額を極力下げた値段設定にしておりますので、なるべくはご質問は避けていただき、このページの内容を熟読してからフォームを入力していただくようお願い申し上げます。特にPDF形式の報酬表・ご依頼の流れは必ず一読していただきますようお願いいたします。
 また、ご予約なく当事務所に来られる方がおられますが抵当権抹消は完全予約制となっておりますので、必ず専用フォームからご予約のうえご来所いただきますようお願い申し上げます。(抵当権抹消は、新宿オフィスではお受けしておりません)




【24時間受付・抵当権抹消専用フォーム】※横浜オフィスの限定業務です。
夜間も土日も受け付けておりますのでいつでもお問い合わせください。
(抵当権抹消は東京オフィスではお受けしておりませんのでご注意ください)


は必須項目です
   お名前 姓 例)山田
         名
例)太郎

メールアドレス   半角で入力してください
         (確認用)

お電話(携帯可) 半角で入力してください

   ※ご住所   例)横浜市西区○ー○ー○

不動産所有者に相続が発生しているか
    発生していない  発生している

不動産の登記簿上の住所から変更があるか
    変更なし  変更あり

その他、ご不明点                








過去にご依頼いただいた抵当権抹消のお客様の声がこちらに掲載されております。
ご参考にしていただければ幸いです。
お客様の声






バナースペース





当事務所のアクセス

【横浜オフィス】    横浜駅西口


〒220-0004 
神奈川県横浜市西区北幸2−10−36
KDX横浜西口ビル1階
 横浜オフィスへのご予約は・・・
 045-594-7077


【東京オフィス】  上野駅入谷口

〒110-0015 
東京都台東区東上野4−16−1
横田ビル1階
 東京オフィスへのご予約は・・・
 03-5830-3458



代表司法書士・行政書士吉田隼哉のご紹介
専門分野(遺産相続・換価分割)について

神奈川県司法書士会 第1786号
神奈川県行政書士会 第5136号

〇横浜本社を画像でご紹介
女性スタッフが作ったうさぎのディスプレイボードがあります♪


当事務所の入り口は明るくてとても入りやすいエントランスになっています。案内担当の女性スタッフが対応しますので安心してご相談へどうぞ♪



相続のことなら、相続手続きに特化した当事務所へご相談ください!
土日・夜間も事前予約で対応します!