本文へスキップ

横浜・東京で相続・遺言なら相続専門の当サポートオフィスへお任せ下さい!相続手続き・預貯金の相続・遺産分割・相続不動産の売却換価など、お気軽にご相談ください!

TEL 045-594-7077(横浜)
TEL
03-5830-3458(上野)

HOME ≫ 不動産の売却支援業務 ≫ 不動産競売物件情報(競売情報)

不動産競売物件情報(競売情報)

不動産競売とは?

不動産競売とは、住宅ローンや借金の返済を受けることができなくなった債権者が、債務者が持つ不動産を、裁判所の管轄下の元で強制的に売却し、その売却代金から債務の支払いを受ける手続きのことです。

具体的には
@住宅ローンの返済ができなくなった場合
A不動産を担保に借りた借金の返済ができなくなった場合
この二つのパターンが不動産競売として実務的に多いです。



不動産競売では、相場よりも安い価格(
7割程度)でしか売却できませんので、債務者としては債務が残ってしまうケースが多く(残債務)、大きな損害を受けることとなります。家を失ってしまった債務者は新しい賃貸等の物件を探さなくてはならなくなりますから、更なる金銭的プレッシャーを受けることとなります。また、不動産競売手続きにかかると不動産競売物件情報(競売情報)などの情報に載ってしまうことから、近所や親族に不動産競売を知られてしまう可能性があります。


不動産競売物件情報サイト(BIT)
裁判所の公式ホームページで不動産の競売情報が掲載されています。
使い方は賃貸不動産は購入不動産を探す要領で検索するだけなので誰でも簡単に使用することができます。実際にご自身で自宅近辺の競売情報を検索して見るとわかりやすいかもしれませんね。

こういった情報がインターネットで掲載され誰でも閲覧できる状態となりますので、できる限り不動産競売とならないように早い段階で任意売却で債権者と調整をはかることが重要となります。


『競売』の読み方は、「きょうばい」と「けいばい」どちらが正しいか?

あまり深く考える必要はありませんが、一般的な用語では「きょうばい」、法律的な用語では「けいばい」と言った読み方をします。
ですので、普通は「きょうばい」と呼んだ方がわかりやすいようですね。
ちなみに我々のような法律家からすると「けいばい」と言った方が素直に入ってきます。法律関連試験の問題では当たり前のように「けいばい」と読んでました。





バナースペース






当事務所のアクセス

【横浜オフィス】     横浜駅西口


〒220-0004 
神奈川県横浜市西区北幸2−10−36
KDX横浜西口ビル1階
行政書士法人よしだ法務事務所 横浜オフィス
TEL:045−594−7077  
   
【東京オフィス】   上野駅入谷口

〒110-0015 
東京都台東区東上野4−16−1
横田ビル1階
行政書士法人よしだ法務事務所 東京オフィス
TEL:03−5830−3458
  
   東京オフィス代表 松浦祐大



【当事務所代表のプロフィール】
  
   司法書士・行政書士 吉田隼哉
・行政書士法人よしだ法務事務所代表
・司法書士よしだ法務事務所代表
・NPO法人よこはま相続センターみつば元代表理事
【保有国家資格】
司法書士、簡易訴訟代理権認定、行政書士、ファイナンシャルプランナー、宅建士、他多数
代表司法書士・行政書士吉田隼哉のご紹介
専門分野(遺産相続・換価分割)について


【当事務所を画像で紹介】
ビルの正面入口は緑豊かで明るく、フラットになっています。


当事務所のエントランス


相続のことなら、相続手続きを専門とする当事務所へご相談ください!