本文へスキップ

横浜・東京で相続・遺言なら相続専門の当サポートオフィスへお任せ下さい!相続手続き・預貯金の相続・遺産分割・相続不動産の売却換価など、お気軽にご相談ください!

TEL 045-594-7077(横浜)
TEL
03-5830-3458(上野)

HOME ≫ 遺産承継業務 ≫ 内縁の配偶者の相続権

内縁の配偶者の相続権婚姻関係のない妻や夫に相続権は認められるのか

内縁の妻や夫の相続権について

相続権はまず子供:配偶者、仮に子供がいなければ配偶者:直系尊属(両親)、子供、直系尊属がいなければ配偶者:兄弟姉妹となります。
このように被相続人に配偶者がいる場合は、その配偶者は必ず相続人になります。

配偶者は相続において被相続人の子供と並んで、強く保護されている親族と言えます。
配偶者が相続において保護される理由として、被相続人と共に、財産形成に貢献しているため、また、被相続人亡き後の配偶者の生活の保障をする目的があります。

<民法第890条>
被相続人の配偶者は、常に相続人となる。この場合において、第887条又は前条の規定により相続人となるべき者があるときは、その者と同順位とする。

相続権のある配偶者とは

配偶者は相続において強く保護されていますが、1点注意すべきことがあります。
それは、民法第890条でいう配偶者の要件は、法律上の婚姻関係にある配偶者であることが必要です。
法律上の婚姻関係とは婚姻届を提出している夫婦であることです。
つまり、事実上は夫婦(内縁関係)であるのに婚姻届を提出していない内縁関係の配偶者の場合は、その配偶者は法律上の配偶者とみなされず、相続権のある配偶者になることはできず相続ができません。
例え、被相続人と生計を共にし、法律上の夫婦と何ら変わりない関係だとしても、内縁の配偶者は相続においては配偶者とはみなされず相続権はありません。
ただし、法律上の婚姻関係にない内縁の配偶者であったとしても相続権を取得できる特別縁故者の制度というものもあります。
特別縁故者とはどういった制度なのでしょうか。


特別縁故者として救済

相続開始後内縁の配偶者が被相続人の財産を相続する方法として、特別縁故者の制度があります。
特別縁故者とは、
①被相続人と生計を同じくしていた者
②被相続人の療養看護に努めた者
③その他被相続人と特別の縁故があった者
のこといい、これらの者は家庭裁判所に対して申立てを行い、申立てが認められる事によって被相続人の財産の全部又は一部を取得することができます。

ただし、注意する点があり、相続人がいる場合は特別縁故者の申立てを行うことができず、特別縁故者の申立ては相続人が存在しない場合に限ります。
また、この特別縁故者として財産を取得する方法は財産を取得するまでに時間を要し、申立てできる期間にも制限が存在します。
さらに、申立てをしたとしても必ず認められるとは限られません。これらを踏まえると、内縁の配偶者の救済としては特別縁故者の制度は弱いと言えます。

<民法第958条の3>
1.前条の場合において、相当と認めるときは、家庭裁判所は、被相続人と生計を同じくしていた者、被相続人の療養看護に努めた者その他被相続人と特別の縁故があった者の請求によって、これらの者に、清算後残存すべき相続財産の全部又は一部を与えることができる。

内縁の配偶者へ財産を残したいなら遺言の作成を

仮に、今後も法律上の婚姻関係を持つつもりのない場合は、お互いに遺言を作成しておくことを強くお勧めします。お互いの財産を自分の死後相手に遺贈する旨の遺言を作成しておけば、相続権のない内縁関係の補完ができます。

例え相続人が存在し遺留分減殺請求の問題があるにしても、内縁の配偶者は被相続人の財産を遺言により取得することができます。また遺言を作成しておけば特別縁故者の制度のような、不十分な制度に期待する必要もなくなります。

事情により婚姻届けを提出できない場合や、そもそも婚姻届けを提出することを望まない場合(夫婦別姓希望など)には遺言はとても効果的と言えます。
ただし、婚姻届けを提出しない理由も特になく、今後も内縁関係を続けるつもりであるのなら、婚姻届けを提出し、法律上の婚姻関係になっておいた方が相続においては良いでしょう。
紙切れ一枚の提出の有無により、大きな違いとなってしまうのが相続と言えるからです。


相続のことをもっと知りたい方はこちらへ ≫相続お役立ち情報総まとめQ&A

相続のことなら当事務所が一括サポートします!

当事務所は相続専門として数多くの相続手続きを解決してきました。
相続した不動産のことから、預貯金の遺産分割や遺言書についてまで、相続のことならまずは相続手続きに熟知した当事務所までご相談ください。
過去経験してきた相続実務の知識をいかして、お客様の相続手続きを一括サポートします!
まずは、下記お電話番号または問い合わせフォームよりお問合せください。国家資格者が親切丁寧に対応させていただきます。





バナースペース






当事務所のアクセス

【横浜オフィス】     横浜駅西口


〒220-0004 
神奈川県横浜市西区北幸2-10-36
KDX横浜西口ビル1階
行政書士法人よしだ法務事務所 横浜オフィス
TEL:045-594-7077  
   
【東京オフィス】   上野駅入谷口

〒110-0015 
東京都台東区東上野4-16-1
横田ビル1階
行政書士法人よしだ法務事務所 東京オフィス
TEL:03-5830-3458
  
   東京オフィス代表 松浦祐大



【当事務所代表のプロフィール】
  
   司法書士・行政書士 吉田隼哉
・行政書士法人よしだ法務事務所代表
・司法書士よしだ法務事務所代表
・NPO法人よこはま相続センターみつば元代表理事
【保有国家資格】
司法書士、簡易訴訟代理権認定、行政書士、ファイナンシャルプランナー、宅建士、他多数
代表司法書士・行政書士吉田隼哉のご紹介
専門分野(遺産相続・換価分割)について


【当事務所を画像で紹介】
ビルの正面入口は緑豊かで明るく、フラットになっています。


当事務所のエントランス


相続のことなら、相続手続きを専門とする当事務所へご相談ください!