本文へスキップ

横浜・東京で相続・遺言なら相続専門の当サポートオフィスへお任せ下さい!相続手続き・預貯金の相続・遺産分割・相続不動産の売却換価など、お気軽にご相談ください!

TEL 045-594-7077(横浜)
TEL
03-5830-3458(上野)

HOME ≫ 遺言書の作成 ≫ 遺言執行者とは?

遺言執行者とは?

遺言執行者になれる人

(遺言執行者の欠格事由)
民法第1009条  
未成年者及び破産者は、遺言執行者となることができない。

この条文では遺言執行者になれない人として未成年者と破産者をあげています。

つまり、この条文の裏を返せば「未成年者と破産者以外なら基本的に誰でも遺言執行者になれますよ」という意味で考えることができます。


では、遺言執行者として専門家を選ぶことに何の意味があるのでしょうか?

遺言書を残すということは、遺産相続手続きをトラブルなくスムーズに進めたいという思いが含まれているものと考えられます。

せっかく遺言書を残したにも関わらず、執行手続きがうまく進まないというリスクを考えると、遺言書を作成することにあわせて遺言執行者として遺産相続手続きの専門家である国家資格者を指定することをオススメいたします。


なお
、忘れがちなことですが、遺言執行者を指定するときには自分よりも若く健康的な人にしましょう。自分よりも先に遺言執行者に先立たれてしまっては困りますから。もちろん、遺言執行者として行政書士等の国家資格者を選ぶときも同様です。


遺言書作成業務の詳細や料金はこちら



バナースペース






当事務所のアクセス

【横浜オフィス】     横浜駅西口


〒220-0004 
神奈川県横浜市西区北幸2−10−36
KDX横浜西口ビル1階
行政書士法人よしだ法務事務所 横浜オフィス
TEL:045−594−7077  
   
【東京オフィス】   上野駅入谷口

〒110-0015 
東京都台東区東上野4−16−1
横田ビル1階
行政書士法人よしだ法務事務所 東京オフィス
TEL:03−5830−3458
  
   東京オフィス代表 松浦祐大



【当事務所代表のプロフィール】
  
   司法書士・行政書士 吉田隼哉
・行政書士法人よしだ法務事務所代表
・司法書士よしだ法務事務所代表
・NPO法人よこはま相続センターみつば元代表理事
【保有国家資格】
司法書士、簡易訴訟代理権認定、行政書士、ファイナンシャルプランナー、宅建士、他多数
代表司法書士・行政書士吉田隼哉のご紹介
専門分野(遺産相続・換価分割)について


【当事務所を画像で紹介】
ビルの正面入口は緑豊かで明るく、フラットになっています。


当事務所のエントランス


相続のことなら、相続手続きを専門とする当事務所へご相談ください!