本文へスキップ

横浜・東京で相続・遺言なら相続専門の当サポートオフィスへお任せ下さい!相続手続き・預貯金の相続・遺産分割・相続不動産の売却換価など、お気軽にご相談ください!

TEL 045-594-7077(横浜)
TEL
03-5830-3458(上野)

HOME ≫ 不動産登記 ≫  暦年贈与の登記のススメ

暦年贈与の登記のススメ


110万円の基礎控除枠を利用した暦年贈与の登記とは?

贈与税は相続税の補完税と呼ばれており、相続税よりも税率が高く設定されていますが、年間110万円の基礎控除枠を利用して、持分を少しずつ贈与していくことにより無税で不動産の所有権を移して行く方法を連年贈与と言います。
例えば、父親が子供2人に対して毎年110万円の持分を10年に分けて贈与していけば
110万円×10年×2人=2200万円の持分を移転できるのです。


暦年贈与と認められるような対策を取る

税務署に連年贈与であるといった認定をされてしまうと多額の贈与税がかかる可能性があります。
暦年贈与と認められるようにきちんとした贈与契約書を毎回作成する等の対策を取って適正に暦年贈与していきましょう。


生前対策は専門家に相談を

生前対策は法務と税務の問題が出てきます。また、暦年贈与をしようと考えていたものが、親子間売買を行ったり、遺言書をすることになったりと、やってみなければわからないこともあります。
まずは、専門家にご相談いただいて、どういったことが現時点で必要かを確認されるといいでしょう。

当事務所へのご相談は下記までお気軽にご連絡ください。




バナースペース






当事務所のアクセス

【横浜オフィス】     横浜駅西口


〒220-0004 
神奈川県横浜市西区北幸2−10−36
KDX横浜西口ビル1階
行政書士法人よしだ法務事務所 横浜オフィス
TEL:045−594−7077  
   
【東京オフィス】   上野駅入谷口

〒110-0015 
東京都台東区東上野4−16−1
横田ビル1階
行政書士法人よしだ法務事務所 東京オフィス
TEL:03−5830−3458
  
   東京オフィス代表 松浦祐大



【当事務所代表のプロフィール】
  
   司法書士・行政書士 吉田隼哉
・行政書士法人よしだ法務事務所代表
・司法書士よしだ法務事務所代表
・NPO法人よこはま相続センターみつば元代表理事
【保有国家資格】
司法書士、簡易訴訟代理権認定、行政書士、ファイナンシャルプランナー、宅建士、他多数
代表司法書士・行政書士吉田隼哉のご紹介
専門分野(遺産相続・換価分割)について


【当事務所を画像で紹介】
ビルの正面入口は緑豊かで明るく、フラットになっています。


当事務所のエントランス


相続のことなら、相続手続きを専門とする当事務所へご相談ください!