本文へスキップ

横浜・東京で相続・遺言なら相続専門の当サポートオフィスへお任せ下さい!相続手続き・預貯金の相続・遺産分割・相続不動産の売却換価など、お気軽にご相談ください!

TEL 045-594-7077(横浜)
TEL
03-5830-3458(上野)

HOME ≫ 不動産登記 ≫  不動産の購入時、司法書士は誰が決めるの?

不動産の購入時、司法書士は誰が決めるの?

司法書士って不動産会社が決めるものなんですか?

不動産の購入の際、売主から買主へも名義変更登記を行うため、必ずと言ってもいいほど司法書士が必要となります。
昔は、不動産会社や銀行が提携している司法書士が呼ばれて登記申請を行うことが一般的でした。それは、通常買主となる方(普通は登記費用を多く支払う買主側が司法書士を選びます)には司法書士の知り合いがいることがごくごく希であり、一から司法書士を探すよりも今頼んでいる不動産会社の提携司法書士に頼んでしまったほうが買主としても不動産会社として「楽」だからです。
つまり、楽をするため提携司法書士へ依頼するのであって、金額を重視した司法書士の選び方ではないのです。


不動産会社から言われるがままになっていませんか?

不動産の購入という人生のビックイベントは、人生でそうそうあるものではなく、登記費用の相場なんてわからないことが当然です。そして、いまお願いしている不動産会社が選ぶ司法書士がリーズナブルな金額であるかどうかなんてわかりませんし、むしろ不動産会社と提携して黙っていても仕事が流れてくる司法書士は通常よりも高いことが多いです。また、司法書士を選ぶ判断材料は費用だけではありません。その司法書士がどのような人で、これから自分のものとなる大事なマイホームの名義変更を任せることができるくらい信用できるのかどうか、まずは司法書士と会ってみて、この人なら大丈夫!と思えるような司法書士に頼むべきだとは思いませんか?

買主が司法書士と会うのは残金決済の一度だけ

司法書士と買主が会うチャンスは基本的に残金決済時のみです。つまり、たった一度会うどころか電話で話すことすらないまま高い金額を払って司法書士に依頼することとなります。せっかくですから、自分で信頼できる司法書士を探してみましょう。
きっと、きちんと話を聞いてくれて自分にあった司法書士が探せるはずです。







 

事務所アクセスはこちら



バナースペース






当事務所のアクセス

【横浜オフィス】     横浜駅西口


〒220-0004 
神奈川県横浜市西区北幸2−10−36
KDX横浜西口ビル1階
行政書士法人よしだ法務事務所 横浜オフィス
TEL:045−594−7077  
   
【東京オフィス】   上野駅入谷口

〒110-0015 
東京都台東区東上野4−16−1
横田ビル1階
行政書士法人よしだ法務事務所 東京オフィス
TEL:03−5830−3458
  
   東京オフィス代表 松浦祐大



【当事務所代表のプロフィール】
  
   司法書士・行政書士 吉田隼哉
・行政書士法人よしだ法務事務所代表
・司法書士よしだ法務事務所代表
・NPO法人よこはま相続センターみつば元代表理事
【保有国家資格】
司法書士、簡易訴訟代理権認定、行政書士、ファイナンシャルプランナー、宅建士、他多数
代表司法書士・行政書士吉田隼哉のご紹介
専門分野(遺産相続・換価分割)について


【当事務所を画像で紹介】
ビルの正面入口は緑豊かで明るく、フラットになっています。


当事務所のエントランス


相続のことなら、相続手続きを専門とする当事務所へご相談ください!