本文へスキップ

横浜・東京で相続・遺言なら相続専門の当サポートオフィスへお任せ下さい!相続手続き・預貯金の相続・遺産分割・相続不動産の売却換価など、お気軽にご相談ください!

TEL 045-594-7077(横浜)
TEL
03-5830-3458(上野)

HOME ≫ 遺産承継業務 ≫ 遺産分割調停

遺産分割調停/申立て・費用・必要書類遺産分割ができなければ遺産分割調停を検討する

遺産分割調停って?

相続が開始し、その遺産の分割について相続人の間で協議がまとまらない場合には、家庭裁判所に対して遺産分割の調停を請求することができます。
この調停は、通常の遺産分割協議が相続人全員で行われるように、他の相続人全員を相手方として申し立てるものです。

遺産分割調停では、家庭裁判所によって選任された調停委員のもと、当事者による話し合いが行われます。
この話し合いでは、当事者の意見や、関係する資料等、遺産についての鑑定といったものを勘案し事情をよく把握したうえで、当事者が各々どのような分割方法を希望しているかがの意向を踏まえた上で解決案の提示や解決のための助言がなされるため、感情的な対立が起こりがちな通常の遺産分割協議に比べ、客観的な解決が可能であるというメリットがあります。

なお、調停による話し合いでも遺産分割がまとまらなかった場合、次のステップとして遺産分割の審判というものがあります。
もっとも、遺産分割事件の場合には、「まず調停を行ってから調停や人事訴訟を申し立ててください」という、通常の家事事件における調停前置主義がとられていないため、遺産分割協議が調わない際には、調停によらずにいきなり審判のステップに進むことも可能です。

遺産分割調停の申立て方法

遺産分割調停の申立ては、申立書を作成して家庭裁判所に提出する方法により行います。
申立書には、申立ての趣旨や理由、事件の実情や共同相続人について記載しなければなりません。また、申立ての際に必要となる書類があり、これらを準備したうえで調停を申し立てることになります。詳細は以下の通りです。

・申立てることができる者
 遺産分割調停の申立てを行うことができるのは共同相続人、包括受遺者、相続分を譲り受けた者です。

・申立先
 調停の申立ては、相手方の住所地または当事者が合意で定める家庭裁判所に対して行います。既述の通り、遺産分割調停は相続人全員が当事者となるので、相手方の住所地とは他の相続人の住所地にあたり、これらの者が複数いる場合は、そのいずれか一人の住所地の家庭裁判所に申し立てることが可能です。

・費用
 遺産分割調停を申立てる際には、
1.被相続人1人×1200円分の収入印紙
2.連絡を取るための郵便切手
が費用として必要になります。

・必要書類
(1)申立書を1通と、その写しを相手方の人数分
(2)被相続人の出生時から死亡時までの戸籍
(3)相続人全員の戸籍
(4)相続人全員の住民票又は戸籍附票
(5)遺産に関する証明書(登記簿や固定資産評価証明書、預貯金通帳の写し、残高証明書等)

基本的には、相続関係と財産を証明する書類が必要となります。
直系尊属や兄弟姉妹の相続の場合(第一順位以外の相続の場合)や代襲相続を含む場合は、これらの関係を証明するために、被相続人以外の者についても出生死亡の戸籍を用意する必要があります。

また、調停の内容によっては、これら以外に追加で必要となる書類を要求されることがあります。

調停の日程

調停は、話し合いがまとまるまで何回でも開かれることになります。
原則として当事者全員が家庭裁判所に出向き、全員が調停案に承諾することで合意が成立するのですが、既述の申立先との関係で当事者が遠方に住んでいることも十分考えられるので、電話会議システムやテレビ会議システムといった通信による調停を行うことも可能とされています。

調停の成立

調停において当事者間で合意が成立した場合、家庭裁判所により調停調書が作成され、調停が終了します。

この調停は確定した審判と同一の効力を有し、調停調書は債務名義となります(債務名義により強制執行が可能となる)。

なお、調停委員会により当事者間で合意の見込みがなかったり、成立した合意が適当でないと判断されたした場合には、調停が成立しないものとして事件が終了します。この場合、冒頭で述べたように自動的に審判の手続きに移行することになります。

相続のことをもっと知りたい方はこちらへ ≫相続お役立ち情報総まとめQ&A

相続のことなら当事務所が一括サポートします!

当事務所は相続専門として数多くの相続手続きを解決してきました。
相続した不動産のことから、預貯金の遺産分割や遺言書についてまで、相続のことならまずは相続手続きに熟知した当事務所までご相談ください。
過去経験してきた相続実務の知識をいかして、お客様の相続手続きを一括サポートします!
まずは、下記お電話番号または問い合わせフォームよりお問合せください。国家資格者が親切丁寧に対応させていただきます。





バナースペース






当事務所のアクセス

【横浜オフィス】     横浜駅西口


〒220-0004 
神奈川県横浜市西区北幸2-10-36
KDX横浜西口ビル1階
行政書士法人よしだ法務事務所 横浜オフィス
TEL:045-594-7077  
   
【東京オフィス】   上野駅入谷口

〒110-0015 
東京都台東区東上野4-16-1
横田ビル1階
行政書士法人よしだ法務事務所 東京オフィス
TEL:03-5830-3458
  
   東京オフィス代表 松浦祐大



【当事務所代表のプロフィール】
  
   司法書士・行政書士 吉田隼哉
・行政書士法人よしだ法務事務所代表
・司法書士よしだ法務事務所代表
・NPO法人よこはま相続センターみつば元代表理事
【保有国家資格】
司法書士、簡易訴訟代理権認定、行政書士、ファイナンシャルプランナー、宅建士、他多数
代表司法書士・行政書士吉田隼哉のご紹介
専門分野(遺産相続・換価分割)について


【当事務所を画像で紹介】
ビルの正面入口は緑豊かで明るく、フラットになっています。


当事務所のエントランス


相続のことなら、相続手続きを専門とする当事務所へご相談ください!