本文へスキップ

横浜・東京で相続・遺言なら相続専門の当サポートオフィスへお任せ下さい!相続手続き・預貯金の相続・遺産分割・相続不動産の売却換価など、お気軽にご相談ください!

TEL 045-594-7077(横浜)
TEL
03-5830-3458(上野)

HOME ≫ 権利証を紛失・なくしてしまった場合の対応 ≫ 権利証・登記済権利書の見本

権利証・登記済権利書の見本権利証をなくした方やこれから権利証を使用したい方のためのページ

不動産売却や担保設定で使う『権利証』とは

 権利証を一番使う機会が圧倒的に多いのは不動産の売却時です。このページにたどり着いた方でもそういった方が非常に多いことでしょう。これから不動産を売却しようという方も、決済日間近で慌てている方も、まずは権利証の見本を確認して思い出してみましょう。なお、売却時以外に権利証を使うパターンとして考えられるのが、住宅ローンの借り換えです。この借り換えの場合はまだ不動産を購入して間もないことが多く、売却時よりも権利証紛失していることが少ないと考えられますが、それでも数年以上経てば紛失してしまう方もいらっしゃいますので、あわせて参考にして頂ければと思います。
なお、権利証のことを正式な名称で「登記済権利書」と呼ぶ方もいらっしゃいますがこれは権利証のことと考えて差し支えありません。

権利証の見本(表紙)

こちらが実際の権利証の見本です。一般的なサイズはB5なので、A4よりも一回り小さいサイズです。司法書士名が入った茶色の封筒に入っていたりします。

こちらは私の親族から承諾を得てお借りして、氏名や司法書士名に変更を加えた上で載せております。ご指摘ありがとうございました。


建物と土地の権利証は別冊になっていることがある

 建物と土地は全く別個の不動産ですので、建物の権利証を見つけただけで安心してはいけません。
 不動産を売却等したいのであれば土地の権利証についても見つけておくようにしましょう。ただし、戸建て住宅を建売で購入されたケースなどでは建物と土地の権利証が一冊でまとまっていることがありますので、その場合にはその権利証だけで足ります。
 逆に、土地を購入して後から建物を建てた方などは土地と建物の権利証が別冊になっている可能性が高いといえます。

登記済権利証とは限らない。登記識別情報というものもあります。

平成17年の法改正により、従来の登記済権利証から登記識別情報というものに変わりました。これは、無作為に選ばれた12桁のパスワードで構成されたもので、緑色のシール(若しくはフラップ式)でパスワードが隠されております。
 法改正以降に購入した不動産であればこの登記識別情報の可能性がありますので(ただし、平成17年以後でも法務局の管轄によっては登記済権利証のことがある)、司法書士よしだ法務事務所の冊子を見本として載せておきます。

赤い下線が引いてあるように、登記識別情報の場合にはその旨が冊子に記載されていることがあります。(それ以外には「不動産登記権利情報」など別の記載のものもあります)まだ、購入して数年しか経っていないのであれば、こちらの登記識別情報の可能性があります。ちなみに、こちらのサイズは登記済権利証のものよりも大きく、A4より若干大きなサイズとなっています。



【当
事務所からのお願い】

こちらのページを見て「権利証を失くしたんですがどうすればいいですか?」といったお電話を数多く頂いておりますが、それぞれの事案や状況によって対応方法が異なり、その場では返答しかねますので、そのような質問のお電話についてはご遠慮いただきますようお願い申し上げます。
不動産を売却する際に権利証を紛失されているのであれば仲介業者にその旨をお話していただき、担当司法書士からの指示に従うようにしてください。








バナースペース






当事務所のアクセス

【横浜オフィス】     横浜駅西口


〒220-0004 
神奈川県横浜市西区北幸2-10-36
KDX横浜西口ビル1階
行政書士法人よしだ法務事務所 横浜オフィス
TEL:045-594-7077  
   
【東京オフィス】   上野駅入谷口

〒110-0015 
東京都台東区東上野4-16-1
横田ビル1階
行政書士法人よしだ法務事務所 東京オフィス
TEL:03-5830-3458
  
   東京オフィス代表 松浦祐大



【当事務所代表のプロフィール】
  
   司法書士・行政書士 吉田隼哉
・行政書士法人よしだ法務事務所代表
・司法書士よしだ法務事務所代表
・NPO法人よこはま相続センターみつば元代表理事
【保有国家資格】
司法書士、簡易訴訟代理権認定、行政書士、ファイナンシャルプランナー、宅建士、他多数
代表司法書士・行政書士吉田隼哉のご紹介
専門分野(遺産相続・換価分割)について


【当事務所を画像で紹介】
ビルの正面入口は緑豊かで明るく、フラットになっています。


当事務所のエントランス


相続のことなら、相続手続きを専門とする当事務所へご相談ください!