本文へスキップ

横浜・東京で相続・遺言なら相続専門の当サポートオフィスへお任せ下さい!相続手続き・預貯金の相続・遺産分割・相続不動産の売却換価など、お気軽にご相談ください!

TEL 045-594-7077(横浜)
TEL
03-5830-3458(上野)

HOME ≫ 権利証の紛失 ≫ 紛失した権利証を他人に悪用される危険性とは

紛失した権利証を他人に悪用される危険性とは勝手に名義変更されたり、不動産を担保にお金を借りられたりしてしまうのか

権利証がないことに気がついた場合にはどのように対応すればいいのか

 「火事の時は現金よりも権利証を持って逃げろ。」なんて、昔の人はよく言ったものですが、実際に権利証はどれほど大切なものなんでしょうか?
 権利証を紛失してしまったら家を売却できない?権利証を拾った人が消費者金融に行って勝手に自分の家を担保に入れてお金を借りてしまう?

 今回は権利証を紛失してしまった場合にどのような危険性があってどのように対応す
ればいいのかを解説していきます。
 

登記済権利証(または登記識別情報)の再発行はできる?

 このようなご質問を受けることがありますが結論から申し上げると登記済権利証も登記識別情報も再発行することはできません。「法務局にいくと新しい権利証がもらえる」といった嘘の情報を伝えてくる人がいますがそれはデタラメです。権利証は一度発行されたらそれが世界で唯一のものとなり、新たなものを発行してくれることはありません。
法務局で取得する登記簿謄本のことを権利証と勘違いされている方が結構いらっしゃるようですので、それで権利証を法務局で再発行してくれるものだと誤った認識をしているのかもしれません。
 何にせよ、権利証は再発行されるものではありませんので、紛失してしまったらそのものを探すしかないのです。権利証を紛失してしまった場合にどのような方法で対応すればいいのかはこちらの記事に詳しく書いてありますのでここでは割愛します。(≫権利証を紛失・なくしてしまった場合の対応


紛失した権利証を他人に悪用される危険性について

 ドラマや映画を見ていると権利証を悪い奴らに奪い取られてしまうシーンがでてきますが、我々専門家からみると意味のわからない話です。そもそも権利証だけあったとしても勝手に不動産の名義変更をしたり売却してお金に換えたりは登記手続き上できないからです。権利証と本人の印鑑証明書(発行から3ヶ月以内のもの)と実印の3つが揃わないと登記名義を移すことができません。
 また、仮に上記全てを何らかの手段で入手された第三者に名義変更をされたとしても、やはり実体上の所有権自体を奪われるものではありません。なぜなら、登記はあくまでも対抗要件にすぎないからです。
 対抗要件とは、読んで字のごとく第三者に権利を対抗するための要件であって、自分が所有者であることを法的に主張することができるということです。つまり、単に登記名義人だからといって所有権を有しているわけではなく、第三者に自分の所有権を主張するために登記をするという関係になっています。
 よって、仮に権利証を悪用されて登記名義を移されたような場合であっても、その登記が無効であることを証明することができれば、裁判を経てその所有権移転登記を抹消することができるのです。とはいえ、裁判になれば時間もお金もかかりますので、そうならないように普段から権利証を大切に保管し、もし紛失してしまったことがわかれば印鑑証明書と実印を厳重に保管する等によって対策しておくべきでしょう。

「不正登記防止申出」と「登記識別情報の失効申出」の制度について

 勝手に登記名義を移されないようにするために「不正登記防止申出」という制度が存在します。これは申し出から3ヶ月以内に対象の不動産に何らかの登記申請があった場合に、申請があったことを申出人に通知するといった制度です。この申し出をしておけば、自分が何も登記申請をしていないにも関わらず、この通知が届いたことで勝手に誰かが登記をしようとしていることに気が付くことができるわけです。しかし、この制度の問題点として、3ヶ月しか申し出が有効にならないため、いつまでも不安を解消することができないことです。制度的に問題が残されているものですのであまり実用性はないのかもしれません。

また、紛失したものが登記識別情報である場合には、「登記識別情報の失効申出」という制度を利用することができます。登記識別情報とは、12桁の英数字で作られたパスワードですから、このパスワードの効力を失効させ、使えなくしてしまう制度です。この失効申出には、期間的な制限はありませんので、もし登記識別情報をなくして不安でしょうがないのであれば法務局にご相談してみてください。


【当事務所からのお願い】
こちらのページを見て「権利証を失くしたんですがどうすればいいですか?」といったお電話を数多く頂いておりますが、それぞれの事案や状況によって対応方法が異なり、その場では返答しかねますので、そのような質問のお電話についてはご遠慮いただきますようお願い申し上げます。
不動産を売却する際に権利証を紛失されているのであれば仲介業者にその旨をお話していただき、担当司法書士からの指示に従うようにしてください。







バナースペース






当事務所のアクセス

【横浜オフィス】     横浜駅西口


〒220-0004 
神奈川県横浜市西区北幸2-10-36
KDX横浜西口ビル1階
行政書士法人よしだ法務事務所 横浜オフィス
TEL:045-594-7077  
   
【東京オフィス】   上野駅入谷口

〒110-0015 
東京都台東区東上野4-16-1
横田ビル1階
行政書士法人よしだ法務事務所 東京オフィス
TEL:03-5830-3458
  
   東京オフィス代表 松浦祐大



【当事務所代表のプロフィール】
  
   司法書士・行政書士 吉田隼哉
・行政書士法人よしだ法務事務所代表
・司法書士よしだ法務事務所代表
・NPO法人よこはま相続センターみつば元代表理事
【保有国家資格】
司法書士、簡易訴訟代理権認定、行政書士、ファイナンシャルプランナー、宅建士、他多数
代表司法書士・行政書士吉田隼哉のご紹介
専門分野(遺産相続・換価分割)について


【当事務所を画像で紹介】
ビルの正面入口は緑豊かで明るく、フラットになっています。


当事務所のエントランス


相続のことなら、相続手続きを専門とする当事務所へご相談ください!