本文へスキップ

横浜・東京で相続・遺言なら相続専門の当サポートオフィスへお任せ下さい!相続手続き・預貯金の相続・遺産分割・相続不動産の売却換価など、お気軽にご相談ください!

TEL 045-594-7077(横浜)
TEL
03-5830-3458(上野)

HOME ≫ 不動産の換価分割 ≫ 離婚による不動産の換価分割 ≫ 夫任せの不動産売却の危険性(離婚時)

夫任せの不動産売却の危険性(離婚時)

離婚による不動産売却…夫に任せて本当に大丈夫か?

何らかの事情による離婚をすることになった場合に必然的に「財産分与」など離婚特有の問題が起こります。
財産分与は夫婦が婚姻時に取得した財産の清算とも言え、離婚により新たな一歩を踏み出すために避けては通れない道とも言えます。
その中で、簡単に分けることができない夫婦共有不動産の処分方法が離婚手続きの中で最大の障害といえることでしょう。
そして、不動産を財産分与する上で、登記名義が夫婦共有名義の場合もあれば夫単有の場合もあり、それぞれの場合での不動産処分方法として様々な方法が考えられます。


財産分与や慰謝料が確定した。不動産はどうする?

離婚協議により、財産分与や慰謝料の額が確定した場合に不動産を売却したお金を夫婦で決まった金額を分け合う方法が考えられます。離婚ともなれば、夫婦が顔をあわせたくないことが考えられるため、夫に売却手続きを任せて妻は売却手続きにほとんど関与しないことが一般的かもしれません。しかし、本当に夫に全てを任せて大丈夫でしょうか?


(1)夫が売却代金を独り占めしてしまい裁判まで発展してしまった事例

夫婦共有であれば、当然不動産を二人のものであり売却代金も二人のものです。しかし、夫が残金決済時に売却代金を自分の口座に振り込むように手続きを進め、結果として妻に一円も入らず、妻が夫に売却代金から自らの取り分を請求する訴訟を提起した裁判例があります。この事例では、勝訴判決を得た妻が夫に対して強制執行を行いましたが、夫が既に売却代金を使い込んでしまっていたため妻は泣き寝入りすることとなりました。


(2)不動産の売却代金で夫から妻へ慰謝料を払うはずが払われなかった事例

夫単有不動産の売却代金から妻へ300万円の慰謝料を支払う離婚協議を行ったところ、売却手続きを完了したにも関わらず妻へ慰謝料を支払わなかった事例です。これは離婚協議がなされたにも関わらず離婚協議書の作成まで行わなかったことがトラブルの原因と言えます。夫は口約束であった慰謝料支払いの約束を守らず、結果として妻は慰謝料の支払いを断念することとなりました


夫の売却手続き一切を任せることは非常に危険。

お金が絡むことですからしっかりとした対応をすべきですが、もともと夫婦間であった二人では正式な契約を交わすことなく口約束で終わらせてしまうことが多々あります。
「あの人のことだから大丈夫だろう」
「元旦那なんだし、ちゃんと払ってくれるだろう」
こういった考え方は非常に危険です。元夫婦と言えど別れてしまえば赤の他人です。
しっかりとした対応を取り、正式な手続きを踏むべきです。


妻が売却代金を取り損ねないための方法とは?

上記のトラブル事例を見ると全て夫に売却手続きを任せたことに原因があるといえます。たしかに離婚した後に夫と顔を合わせることは離婚の原因によっては苦痛と言えるかもしれません。しかし、最終的な清算手続きですから不動産売却手続きにはきちんと参加して、慰謝料や財産分与で取得したお金を撮り損ねることがないようにしっかりとした手続きを行うようにしましょう。

離婚についてのご相談はこちら

離婚協議書の作成から離婚不動産の売却手続きまで当事務所にお任せしたいとお考えの方は下記のお問い合わせ先までお気軽にお問い合わせください!当事務所の専門家が親切丁寧に対応いたします!
(対応地域:神奈川・東京・千葉・埼玉)
離婚協議書作成から任せられる離婚不動産の売却支援業務はこちら


コラム:離婚による不動産の売却解決方法はこちら



















バナースペース






当事務所のアクセス

【横浜オフィス】     横浜駅西口


〒220-0004 
神奈川県横浜市西区北幸2−10−36
KDX横浜西口ビル1階
行政書士法人よしだ法務事務所 横浜オフィス
TEL:045−594−7077  
   
【東京オフィス】   上野駅入谷口

〒110-0015 
東京都台東区東上野4−16−1
横田ビル1階
行政書士法人よしだ法務事務所 東京オフィス
TEL:03−5830−3458
  
   東京オフィス代表 松浦祐大



【当事務所代表のプロフィール】
  
   司法書士・行政書士 吉田隼哉
・行政書士法人よしだ法務事務所代表
・司法書士よしだ法務事務所代表
・NPO法人よこはま相続センターみつば元代表理事
【保有国家資格】
司法書士、簡易訴訟代理権認定、行政書士、ファイナンシャルプランナー、宅建士、他多数
代表司法書士・行政書士吉田隼哉のご紹介
専門分野(遺産相続・換価分割)について


【当事務所を画像で紹介】
ビルの正面入口は緑豊かで明るく、フラットになっています。


当事務所のエントランス


相続のことなら、相続手続きを専門とする当事務所へご相談ください!